奈良教育大学 国際交流留学センター

奈良教育大学 国際交流留学センター
奈良教育大学 国際交流留学センター
MENU
select lang

大学での国際交流活動EVENTS

2021年度 | 2020年度 | 2019年度 | 2018年度 | 2017年度 | 2016年度 | 2015年度

  • 国際交流イベント「留学生と友達になろう」を実施しました。(2021年7月14日)
  • ミニレクチャー「日本の稲作文化の歴史を知る」を開催しました。(2021年6月2日)
  • 第1回奈良教育大学フォトコンテストで留学生が「なっきょん賞」を受賞しました。(2021年5月24日)
  • オンラインで「なっきょん's café」を開催しました(2021年5月12日)

国際交流イベント「留学生と友達になろう」を実施しました。(2021年7月14日)

例年は4月下旬に学生食堂前に留学生が自国紹介のブースを出して実施している国際交流イベント「留学生と友達になろうキャンペーン」ですが、 今年度はコロナウイルス感染症対策のため、泣く泣くオンラインで実施する運びとなりました。
参加者全員が楽しめる方法を留学生とともに模索した結果、クイズ形式で自国の文化や習慣について出題するクイズ大会を催しました。
当日は留学生7名と日本人学生7名の計14名が参加しました。留学生と日本人学生がチームを組み、Teamsのブレークアウトルームを活用して、 チーム単位で各問題の回答を考えていきました。少人数で話し合う機会があったため普段以上に活発なコミュニケーションが行われ、 また優勝チームには国際交流留学センターで保有する各国民芸品がプレゼントされるということで、予想以上に真剣に取り組む姿も見受けられ、 盛り上がりました。これを機会に留学生と日本人学生の交流の輪が広がっていくことを願っています。

本イベントに際して留学生が作成した自国紹介のポスターを国際交流室にしばらくの間展示しておりますので、ぜひ足を運んで見に来てください。 皆さまのお越しをお待ちしております。

  

ミニレクチャー「日本の稲作文化の歴史を知る」を開催しました。(2021年6月2日)

オンラインで日本の稲作文化についてミニレクチャーを開催しました。
本レクチャーは、日本語日本文化研修留学生向けに実施する「田植え体験」の事前勉強会として開催しましたが、希望する日本人学生も参加しました。 始めに「奥能登のあえのこと」の動画を視聴した後、本センター特任講師の小村明子先生より稲作文化の歴史を辿りながら、 農業(稲作)と日本の信仰の関わり合いについて講話をいただきました。留学生のみならず日本人学生にとっても大変興味深い時間になりました。

~学生の感想~
笠松璃香さん(社会科教育専修 1回生)
「あえのこと」を視聴して、日本で現在でも農業に関するこのような伝統的文化・祭りがあることに驚きました。また稲作がインドのアッサム地方から始まったことや お正月飾り(門松、鏡餅、注連飾りなど)が依り代であったことなど、日本にずっと住んでいても知らないことが多かったです。コロナでオンラインになってしまいましたが、いい経験ができました。

 

第1回奈良教育大学フォトコンテストで留学生が「なっきょん賞」を受賞しました。(2021年5月24日)

第1回奈良教育大学フォトコンテストにおいて、留学生のチャンディ ファリ ファイソル ジュナリアさん(日本語日本文化研修留学生)が「なっきょん賞」を受賞しました。


<エピソード>
オンラインで見られなかった景色、
出来なかった体験、
やれなかった研究、
作れなかった思い出、
この春学期で漸くできるようになったよ
(2021年4月2日撮影)

第1回奈良教育大学フォトコンテスト 結果発表

オンラインで「なっきょん's café」を開催しました。(2021年5月12日)

今回は「オンラインdeプチ旅行」と題して、有志の日本人学生や留学生がお気に入りの観光スポットや自身の出身地について、写真やGoogleストリートビューを用いて紹介しました。 留学生および日本人学生が合計で11名参加し、各人からの紹介後には食文化や民族衣装などについての質問も飛び交い、にぎやかな時間となりました。

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.