奈良教育大学 国際交流留学センター

奈良教育大学 国際交流留学センター
奈良教育大学 国際交流留学センター
MENU

海外の協定大学で学ぶSTUDY AT FOREIGN PARTNER UNIVERSITY

ハイデルベルク大学 【2017年9月~2018年8月】
朝倉 史帆さん(学校教育教員養成課程教科教育専攻 英語教育専修)

  • ・滞在記
  • ・帰国報告会 資料

滞在記

a) 異文化での生活について

 私が生活しているドイツ、ハイデルベルクは大学のある街ということで、学生が多く住んでいて比較的治安の良い暮らしやすい街です。また、観光地でもあるため週末や観光シーズンは多くの人で賑わう活気のある街です。

 この半年間は初めてのことだらけで、正直に言うと勉学に集中する以前に生活に慣れることに必死でした。ドイツ語の授業においては先生と文化の違いの面で上手くそりが合わず授業にほとんど出席しなくなった時期もあります。自分は何をしにドイツに来たのか、何を目指したらいいのかがわからなくなっている時にドイツでできた友達たちに本当に支えられました。ドイツ語を勉強したいのに授業に行けないと相談すると、「じゃあその空いた時間に会って私とドイツ語を話そう」と言って時間を作ってくれたり、私の気分転換のためにわざわざ車を出してドライブに連れて行ってくれる子もいました。ドイツにもう半年もいるのに言葉が通じない、相手の言っていることがわからないなどに焦りとストレスを感じたり、自信を失くすのはめずしいことではないです。その度に、助けてくれる人たちが周りにいるので本当に恵まれているなと思います。それでも気分が落ち込んだ日は寮の近くにあるハイデルベルク城や哲学の道を散歩します。どちらも山の上にあるのでそこからハイデルベルクの旧市街が見渡せます。自分がどれだけ素晴らしい場所で勉強させてもらえているか、来るたびに前の自分よりは何かしらの成長ができている、ということなどを再確認しリフレッシュとモチベーションアップができるお気に入りの場所です。

b) プロジェクトの進捗について

①ドイツでの英語教育制度
 ドイツでは小学校が4年生(州によっては6年生)であり、その後中等教育の段階で3つの選択肢から進路を希望できる。そのうちの一つがギムナジウムで大学進学のための資格Abitur取得に向けて勉強するための機関である。このAbitur取得のためには一定以上の英語能力が必要とされるため、ほとんどの大学生が大学入学前からある程度の英語能力を身につけている。多くの学校で英語教育は小学校高学年から始められる。また、教員は外国語の運用能力があることが絶対条件であり、英語以外の外国語でも一定以上の能力が求められる。そのため、各教師がそれぞれの担当教科以外になにかしらの外国語の能力を備えており、授業を外国語で運用することができる。

②ドイツ人への英語教育についての聞き取り調査
・歴史や地理の授業が英語で行われている学校もある
・英語の授業は文法よりも会話中心で話す練習が多い
・英語教師はドイツ人だけど英語圏への留学経験がある人がほとんど
・同じゲルマン語族であるため英語は他の言語と比べるとすごく簡単
(ドイツ語の文法の方がややこしく難しく感じるらしい)

③これからの取り組み
 実際に学校を訪問しドイツで行われている英語の授業を見学し、そこで日本とドイツにおける英語教育の問題の違い等を比較したいと思う。

帰国報告会 資料

ファイルのダウンロード
Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.