奈良教育大学 国際交流留学センター

奈良教育大学 国際交流留学センター
奈良教育大学 国際交流留学センター
MENU

海外の協定大学で学ぶSTUDY AT FOREIGN PARTNER UNIVERSITY

帰国報告

セントラルミシガン大学 山口 絵理香さん(学校教育教員養成課程教科教育専攻 英語教育専修)

留学先:セントラルミシガン大学留学

 アメリカ、セントラルミシガン大学(以下、CMU)での留学生活は、出会う人、もの、考えること、行動することや体験することのすべてが貴重で、ぎゅっとつまった10か月間でした。

 まず、8月には、ウェルカムパーティーがあり、CMUの学生や、留学生たちが一斉に集まりパーティーを盛り上げます。10月には、本場アメリカのハロウィンが楽しめます。

 12月になると一か月間の冬休みが始まります。ホームステイなどをして、家庭のクリスマスやニューイヤーイブに参加させてもらうこともできます!1月2月は極寒です。-29度の世界を体験できます。粉雪がキラキラ舞ってとても綺麗です。寒いというより痛いのですが、もちろん屋内は暖房ばっちりなので心配はいりません。ミシガンなので、湖まで行くと氷結したミシガン湖の上を歩いてみたりすることもできちゃいます。3月には、イースターがあります。また、5月になると、なんと、桜のお花見ができます。実は、CMUには桜の木が二本ほど植わっているのです。

 また、授業や日常で使う言語はもちろんすべて英語です。大変な面もありますが、先生方はとても親切ですし、留学生にも慣れていらっしゃるので不安になる必要はありません。しかも、そのような貴重な環境で過ごせるので自分の中で視野が広がるなど、どんどん変化が生まれていきます。

 さらに、日本語クラスや日本語クラブもあるので、日本に興味のある学生さんたちに、日本のことを英語で伝えたり、今まで考えたこともなかったような日本の不思議について質問が来たり、日本語の文法に気づけたりすることもできます。

 ここに書かせていただいたことは留学生活のほんの一部分です。留学すれば、もっと興味深い、わくわくする体験がたくさん待っています!あなたも、オリジナルの貴重な学び、作ってみてはいかがでしょうか?

Copyright © NARA UNIVERSITY OF EDUCATION. All Rights Reserved.